topimage

2017-08

レンくん - 2013.01.28 Mon

Risky出身のレンくん。もうすぐ3歳になります。
そのレンくんに年明け急に病魔が襲いかかりました。
なんだか調子が悪そうだなと思った飼い主さんが病院へ連れて行き、胃腸の動きが良くなる注射を打ってもらって1時間後。下半身が動かなくなってしまったそうです。
前足だけで這って歩くレンくん。
心配する飼い主さんが電話をして来られましたがわたしもあまりたいしたアドバイスをすることは出来ず・・・
翌日MRIのある病院へ行かれて検査されたそうです。
詳しい病名はわかりませんが骨髄に炎症が起きていたそうです。原因は不明。
レンくんはすぐに入院してステロイド治療を始めましたが翌日には前足も動かなくなってきたそうです。
このまま炎症が進めばそのうち脳まで炎症が進んでしまい呼吸不全で数日で命を落とすことになると医者から言われ、抗がん剤治療を勧められたそうです。
抗がん剤治療をしても、良くて現状維持だそうです。
抗がん剤治療に耐えられるだろうか、入院治療でレンくんと離れたくない、でもこのままではレンくんが死んでしまう、とどうすれば良いのか悩む飼い主さんと、すでに座れなくなってしまったレンくんを抱いてわたしも涙が止まりませんでした。

わたしは以前マルチーズのマリンの血液の病気をとことん悔いのないように治療したいと思い岡山まで通い続けましたが、結局マリンは薬の飲み過ぎの多臓器不全で1年後に亡くなりました。
あそこまで治療して良かったのかどうか今でもわかりませんが、やれるだけのことをしてやれたので一応悔いはありません。
助かるかもしれない命を諦めて失くしてしまうことはわたしには出来なかったのです。
そんな話を飼い主さんにして・・・考えられた末に飼い主さんは抗がん剤治療を決意されました。
退院したレンくんがおうちでご飯をしっかり食べてくれたことが決意のきっかけだったと思います。

ご飯を食べてくれるなら抗がん剤治療にも耐えられる!
レンくんは生きようとしている!

レンくんとは離れたくないので入院はさせずに通院で毎日抗がん剤治療に通われました。
レンくんは首もすわらなくなり、声も出なくなり、下痢をして・・・とあまり抗がん剤の効果がないのかと思いましたが・・・2週間、懸命な飼い主さんの看病と介護と病院の治療でなんとか状態が落ち着いてきたそうです。
毎日通っていた病院も間隔を空けて大丈夫と言われたそうです。
ご飯を食べ、下痢もおさまり、前足も少し動くようになってきたそうです。
トリミングの予約をされていた日に予定通りレンくんは飼い主さんと一緒に来てくれました。

下の世話もしないといけないし、ご飯も食べさせてあげないといけないし、床ずれができないように気をつけてあげないといけないし、飼い主さんも大変だと思います。今はお仕事もお休みしているそうです。
でもその分24時間毎日一緒でレンくんはすっかり甘えん坊になっていました(笑)
トリミングテーブルに寝たままでもかすれた声で鳴きながら必死で飼い主さんを見ようと頑張ってました。

調子が良さそうだったのでシャンプーもして綺麗さっぱり男前レンくんになりました
250127_cut10.jpg

まだお薬を飲んでいるそうですが、徐々に減らしていけると良いですね。
このまま炎症が完全に治まり頑張ってリハビリをしてまた動けるレンくんになって欲しいと心から願ってます。
同じような病気になったことのあるワンちゃんをご存じの方は是非情報など教えてくださるとわたしもレンくん飼い主さんも嬉しいです。
スポンサーサイト
※お知らせ※ 7/20~産休の為約1か月お店をお休みいたします。ご迷惑をおかけします。 なおシャンプーコース、お泊りはお受けできますのでご相談ください。

● COMMENT ●

いつもブログみてます
うちのこも、後肢神経反応ゼロといわれ車椅子になると言われました
小さめトイプーで一歳のときでした

脊髄損傷したのかもといわれ
でも突然のことで高い場所から落ちたりしてません…
考えられるとしたら毎日のぴょんぴょんとジャンプしてたことぐらいです>_<
直前まで、走り回ってたし、歩けなくなる前はショーにも出ていました。

脊髄損傷だと、脊髄軟化症という病気の発症のこと、
発症すると助けられない、死ぬのを待つしかない…といわれました

MRIは全身麻酔が怖くてやめました
ステロイド投与か、エラスポールというお薬を使う治療法を提案され
金額がたかかったですがエラスポールを使った治療にしました
エラスポールを使った直後からみるみる良くなって
もうすぐ一年たちますが、今は走り回るようになってます!
三週間に一度、筋肉をほぐすために整体に連れて行ってます

後遺症?は片方の後肢に少しあります
筋肉を付ければ元通りになると言われて頑張ってます。

レンくんの症状とは違うかもしれませんが、なにか役立つかと思い書き込みさせていただきました!

ありがとうございます

コメントありがとうございます。

やはり原因不明でそうなることがあるのですね・・・
レンくんも病院の先生に「トイプードルに多い」と言われたそうです。わたしは今まで聞いたことがなかったのですが・・・
脊髄軟化症についてはわたしも調べましたが本当に治療法がないみたいですね。レンくんも色々治療しているのでその病気ではないとは思います。
エスポラールは免疫抑制剤でしょうか。レンくんも何か免疫抑制剤のお薬を最初に使ったと言われていましたが・・・

でもそちらのプーちゃんは元気になられたのですね!そのお話はレンくん飼い主さんも喜ばれると思います。
リハビリも大事だと他の半身麻痺の子の飼い主さんが言われていたみたいですし大事ですね!
書き込んでいただいてありがとうございました。

今晩は☆いつも素敵なプードルを見させて頂いています
いつの日か我が家にもリスキーさんの子を迎えたいと思って拝見しています

我が家のトイプードル10歳の兄弟も脊椎軟化症になり五歳の時に亡くなりました
治療方が無く飼い主さんは毎日酸素室に入れるため病院通いをしていました
朝見たら椎間板ヘルニアに似た症状があり
後脚がクルクルと回り、立てない状態でした
大きな病院で脊椎軟化症の疑いがあると分かりました
最期は脳にまで麻痺がいき頭をユラユラ動かしている状態だった様です
3ヶ月間の間に麻痺は下半身から上半身、そして脳にまで麻痺がいき飼い主さんは治療法が無い事にかなり焦りととまどいを感じておられました

我が家のプードルは後から分かったのですが近親交配だった様で、五頭きょうだい中、一頭は生まれつき肛門が無い、一頭は脊椎軟化症、一頭はティーカップサイズで飛んだ拍子に頭を打ち亡くなりました
五頭中、我が家のプードルしか現在生きておりませんが
やはり腰が悪いです
心配で何度かレントゲンなどで検査をしましたが
今のとこ生活に支障は出ておりませんが
普通より腰や皮膚や歩行の乱れ等老化の進行が早いかな、と思います

サプリですが核酸の入った物が体の再生能力を高めるらしく
治療後や治療前にサプリを入れておくと良い、と聞きました
抗がん剤治療は良い細胞まで一緒に殺してしまうので良い細胞の再生能力を上げるためだそうです
サプリなので一概には言えませんが参考になれば嬉しいです

飼い主さんも病名が特定出来ないとかなり不安で辛いでしょうが
お写真を見ると目力もまだありしっかりしていそうですね
お力にはなれませんが良い治療法が見つかる様祈っています

ありがとうございます

いつもblogを見てくださっているようでありがとうございます。

脊椎軟化症で3カ月も生きることができたのですね。大体が1週間~10日で亡くなってしまう病気だと聞いています。
治療法もなくどんどん悪くなっていく姿を見る飼い主さんの気持ちはとても辛いですね・・・・
近親交配は身体の弱い子が生まれやすいので繁殖する際はとても気をつけないといけないことですよね。無知であるが故に苦しむ子悲しむ飼い主さんが増えるのは悲しいことです。

核酸のサプリメントに再生能力を高める効果があるのですね。それは良い情報ですね。サプリメントだと与えやすそうです。ありがとうございます。

身体は不自由ですが目も力があるし性格もいつものレンくんらしさがあるし、あとは容体が安定して回復していってくれることが願いです。

コメントありがとうございました。

ありがとうございます。

Riskyさん、先日は本当にお世話になりました。
記事にしていただいて、貴重なお話を聞くとこができて、本当に助かります。
脊髄軟化症は大変な病気なんですね。。。
先生に確認したところ、レンはただの脊髄炎と診断されています。
今は、皆様のお蔭で、食欲旺盛で快食快便です。
サプリや薬の種類、そしてリハビリで歩けるようになるというお話を伺い、希望が持てます!

皆様におっしゃっていただいているように、目力もしっかりあり、表情がとても元気になりました。
お出かけするときなどは、今までと変わらないうれしい顔をしてくれます。
今までと同様に感情表現をしてくれることと、快食快便に飼い主の心は救われてます。

今後の治療も頑張っていきます!!
また、良いアドバイスをお願いします。
本当にありがとうございます。

レンママさん

皆さまからいろいろな情報が頂けて良かったですよね。
blogで記事にして良かったです。

わたしも出来る限りサポート致しますので一緒にレンくん回復を頑張りましょう!!

いつもブログ見てます。
うちのトイプ-も去年、歩けなくなり、
最初の診断では原因不明…
ステロイド治療をしましたが効果わからず…
排泄なども一切できなくなりました!!
数日後から、最初のコメントのかたとおなじエラスポールという薬での治療をしました。
うちの子もその治療を始めると歩けるようになりました。
副作用があまりないらしいです。
うちの子はリハビリをしながら元通り歩けるようになりました。
一年ほど前まではショードックだったのですが…
カットダウンして穏やかに過ごしてます。
レンちゃん早くよくなりますように。


ヨネ。さん

いつも見て頂いているようでありがとうございます。

レンくんと同じような症状だったのですね。
エラスポールという薬が効果がありそうですね。レンくんは使ったことがあるのかないのかわかりませんがその薬に賭けてみる価値はあるかもですね。
ヨネ。さんちのワンちゃんがリハビリをして歩けるようになったということはレンくんママにとってもとても励みになることだと思います!

情報ありがとうございました。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://riskycastle.blog99.fc2.com/tb.php/874-6320a266
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

早すぎませんか? «  | BLOG TOP |  » 寒いですね

プロフィール

Risky

Author:Risky
トイプードル専門ブリーダー
*RiskyCastle*

『犬の美容室Risky』
広島市佐伯区八幡3-13-26
TEL:082-927-4611
mail:riskycastle@zx.moo.jp

facebook

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

プードル (59)
子犬 (423)
ドッグショー (146)
トリミング (597)
おすすめ商品 (24)
勉強 (59)
その他 (108)

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード